【ヒカキン 仕事】HIKAKINの過去の仕事や上京当初の様子などをご紹介します!

HikakinGames(ヒカキン)
PR

ヒカキン(HikakinGames)とは?

ヒカキンさんとは、日本一といえるほどのトップYouTuberであり、メインチャンネル「HikakinTV」の登録者数は768万人を超えています。はじめしゃちょーに次いで国内二番目の登録者数を誇っていることでも有名です。

また、UUUMに所属しており、事務所が設立した時からいるメンバーのひとりでもあります。今ではUUUM株式会社のファウンダー兼最高顧問といった役職に就いており、現在もUUUMを支えています。

ヒカキンの事務所についてはこちらをご覧ください。

今では年収が億を超えるほどの人気を博士ているヒカキンさん。今では日本でトップを誇るほどに有名ですが、過去はどのような仕事を経験していたのでしょうか。今回はヒカキンさんの仕事についてご紹介します。

ヒカキン(HIKAKIN)の過去の仕事

ヒカキンさんは新潟の高校卒業後、所持金である2万円を握りしめて上京し、そのままスーパーの店員として働いていたそうです。

そこでは社員寮に入りながら、日々働いていたそうです。

そして、2010年にアップロードした動画「Super Mario Beatbox」が話題を呼び、ここから動画投稿の1本で収入を得ていくことを決意しました。

ヒカキンの年収

スーパーの店員を辞めて動画投稿をして活動していくことを決めたヒカキンさん。その後ビートボックスだけでなく、商品紹介などもしながら日々動画投稿を続けていました。

そして、今では日本トップといえるほどの人気を誇るようになり、年収は3億円を超えているのではないのかといった噂が出るほどの大成功しています。

PR

ヒカキンさんの年収についての詳しい記事はこちらをご覧ください。

ヒカキン仕事の流儀

あの有名な番組「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演した経験もあります。

この動画では、ヒカキンさんがYoutuberといった仕事に対する思いや熱意が伝わってきます。より良い動画を作ろうといったプロ意識がたくさんのファンを呼び込んでいるのだとおもいました。

また、「プロYoutuber」となったヒカキンさんは、スーパーの店員の下積み時代があったからこそ、今があると語っていました。

まとめ

ヒカキンさんの過去の仕事についてご紹介してきました。

上京後、スーパーの店員として働きながら動画投稿を続けており、その努力が実った今では日本トップのYoutuberとして活動を続けています。

ヒカキンさんの動画に対する思いが感じられ、ますますファンになったという方も多いのではないのでしょうか。

PR
タイトルとURLをコピーしました