【最新版】ゲーム実況に最適!おすすめキャプチャーボードまとめ【高画質・低遅延】

ガジェット
PR

キャプチャーボードとは?

YouTubeなどでゲーム実況をする際に必要なアイテムのひとつにキャプチャーボードがあります。

キャプチャーボードとは、PS4やSwitchなどのゲームをパソコンの画面に映し出す機器のことを指します。

映像や音声をPCに出力することで、ゲーム実況を録音したり配信したりすることができるようになるのです。

ですがキャプチャーボードには種類が数多くあり、どれを買えば良いか悩んでいる、値段が高すぎて買おうか迷っているといった人も多いのではないのでしょうか。

そこで今回はおすすめのキャプチャーボードをご紹介していきたいと思います。

キャプチャーボードの種類

キャプチャーボードにはいくつか種類があり使用環境に応じて買うものが変わってきます。

内蔵型

内蔵型はデスクトップパソコンの内部に直接繋ぐタイプです。

こちらのメリットとしては、キャプチャーボードを直接繋ぐため映像の転送速度が優れており遅延がほとんどありません

PR

外付け型

外付け型とは、USBでパソコンに繋ぐタイプです。

こちらのメリットは、内蔵型と比べて種類がとても多いところです。

接続も簡単にできるので、初心者にはこちらがおすすめ。

また、ノートパソコンを使用している人デスクトップだけど空きスロットがない方接続方法が分からない方は外付け型のキャプチャーボードを選ぶようにしましょう。

エンコードの種類

エンコードとは、動画の容量を圧縮したり、動画形式に変換したりすることを指します。

ソフトウェアエンコードハードウェアエンコードの2種類がありそれぞれのメリットはこちら。

  • ソフトウェアエンコード:パソコンにかかる負担は大きいがラグ(遅延)が少ない
  • ハードウェアエンコード:パソコンにかかる負担は少ないがラグ(遅延)が大きい

パソコンのスペックがそこまで高くない方はハードウェアエンコードがおすすめ。

余裕なスペックがあってラグなしで配信したい方はソフトウェアエンコードをおすすめします。

PR

パススルー付き

ラグがなくストレスフリーな配信がしたい方はパススルー付きは必須です。

パススルー付きとは、遅延ありのモニターとゲームプレイ用の遅延なしのモニターの2つに出力できるタイプです。

モニターが2つ必要となってしまいますが、FPSゲームなどのラグが命取りになってしまうゲームにはパススルー付きはとても大切です。

ゲーム実況に最適!おすすめキャプチャーボードまとめ

AverMedia LIVE GAMER EXTREAME2 GC550 PLUS

まず最初におすすめしたキャプチャーボードはやはりこれ!

数多くのゲーム実況者が使用している安心安定の外付け型キャプチャーボードです。

こちらの魅力は、4Kパススルー機能に対応しているところ。

4K対応の機器でプレイしながら1080p/60fpsの高画質録画もできます。

PR

また、録画・ライブ配信ソフトウェアと編集ソフトも付属しています。

これ一つ買うだけで動画編集から録画まで全てできるおすすめのキャプチャーボードです。

Elgato Game Capture HD60 S

こちらもとても大人気なモデルです。

ゲーム実況に特化したタイプで、1080p/60fpsを何時間にもわたって録画が可能。

また、時間を遡って録画できる「Flashback録画」が付いているため、録画をするのを忘れてしまっても安心です。

YouTubeへ直接アップロードできる機能もついているなど、とても多機能なところが人気を集めている理由のひとつです。

Amazon内のレビューも高く、カテゴリー別ベストセラー第1位を獲得しているほど高評価なキャプチャーボードです。

I-O DATA GV-USB3/HD

1080p/60fpsといった高画質録画はもちろん、パススルー付きといったキャプチャーボードとしての性能は十分優れています。

そして比較的安価で購入できるといったところが魅力です。

CyberLink社のビデオ編集ソフト「PowerDirector 14 for I-O DATA」も付属しています。

AVerMedia Live Gamer 4K GC573

内蔵型のおすすめキャプチャーボードです。

最大1080p/240fpsで録画できる以外にも、4K・60fps HDR録画のパススルーにも対応しているので、録画とゲームプレイどちらも高画質でできます。

内蔵タイプとなっているので、置き場所にも困らず見た目がスッキリするのでとてもおすすめです。

AverMedia LIVE GAMER HD 2 C988

遅延がほぼないといったところがメリットの内蔵型キャプチャーボードです。

ラグのなさや高画質録画などのメリットによって高価なものになってしまう内蔵型ですが、こちらは比較的安価で購入ができます。

取り付け方法も簡単なので、デスクトップPCを持っていて高画質で安く実況したいといった方にはこちらがおすすめです。

AVT-C878 PLUS

こちらのキャプチャーボードの最大の特徴は、PCが無くてもゲームを録画することが可能なところです。

本体にマイクを接続すればこれ一つでゲームに声を入れながらの1080p/60fpsの録画ができます。

もちろん、パソコンにも繋いでできるので、ライブ配信にも向いています。

まとめ

キャプチャーボードのおすすめを紹介してきました。

それぞれ使用方法や接続方法が違うので、自分のパソコンのスペック・使用環境・予算に応じて選ぶようにしましょう。

PR
タイトルとURLをコピーしました