【コスパ最強】静かで安い!静音ゲーミングキーボードおすすめ

ガジェット
PR

タイピング音が静か!静音性に優れたゲーミングキーボードについて

最近では、Apex LegendsやFortniteなど、パソコンでプレイ可能ないくつものFPS・TPSゲームがとても人気を集めています。

パソコンでゲームをするのには、マウスやキーボードが必要です。
数多くのゲーミングメーカーから色々なモデルがでており、どれを買えば良いか悩んでしまう人も多いのではないのでしょうか。

なかでも重要な役割を担うキーボードでは、
打ち心地が良いのが欲しい」「マイクにタイピング音が拾うので静かなものが良い」「アクチュエーションポイントが短く反応速度が速いのが良い
など、様々な意見があります。

アクチュエーションポイントとは、キーを押した時に反応する深さ。浅ければ浅いほど反応速度が速い。(ただし、押し間違いをしてしまうといったデメリットもある)
特にゲーム実況をしている人や友達とボイスチャットをして遊ぶ人では、マイクにカタカタとタイピング音が入ってしまうといった悩みを抱えている人も多いのではないのでしょうか。
今回は、ゲーム実況やボイスチャット向きのタイピング音が静かな静音性に優れたゲーミングキーボードに注目をして紹介していきたいと思います。

静音ゲーミングキーボードの選び方

キーボードの種類

ゲーミングキーボードには、『メンブレン方式』『メカニカル方式』『パンタグラフ式』『静電容量無接点方式』などの種類があります。

とにかく静音性を重視したいなら静電容量無接点方式メカニカル方式を選ぶようにしましょう

静電容量無接点方式とは、スイッチの物理的接点がなくもっとも静かであるうえにとても軽い打ち心地が特徴的です
ですが、商品が少なく値段が高いといったデメリットもあります。

コスパを重視するのであれば、ゲーミングキーボードの主流ともなっているメカニカル方式がおすすめです。

PR

軸の種類

メカニカルキーボードには赤軸青軸茶軸黒軸銀軸緑軸といったキーの中の軸の色に種類があります。

それぞれ押し心地や軽さ、バネの跳ね返りの速さなどの様々な特徴があり、そのなかでも静音性に優れているのが赤軸です。

タイピング音が静かで滑らかかつ軽い押し心地を追求する方は『赤軸一択』となります。

当たり前ですが静かといっても完全に音がしないという訳ではないので注意しましょう。
さらなる静音性を追求したい方は静電容量無接点方式がおすすめです。

安く静音性に優れたおすすめゲーミングキーボードまとめ

HyperX Alloy FPS Pro ゲーミングキーボード 赤軸 テンキーレス

HyperXから発売しているこちらのキーボードは赤軸の静音性に優れたモデルです。

滑らかでとても軽いタッチの押し心地が特徴的。軽い力でタイピングができるので長時間の使用でも疲れません。

また、テンキーレスのコンパクトサイズ設計となっているところも嬉しいポイントです。

まさにFPSゲームに特化させたキーボードでしょう。

PR
テンキーレス(右側の数字キーが省略されたモデル)だと、マウスとキーボードの距離が近くなり操作性がアップするといったメリットがあります。

Razer BlackWidow Lite JP メカニカルキーボード 静音 オレンジ軸

静かなからもしっかりとした打鍵感があるゲーミングキーボードです。

クリック感のあるオレンジ軸を使用しており、静音性は赤軸と青軸の中間くらいの感じです。

もっと音を静かにしたい方の為に、キーに取り付けるOリングも付属しています。
元から静かなタッチ音ですがさらに抑えることができるうえに、キーの移動距離が短縮されて疲労軽減にも繋がります。

Logicool G ゲーミングキーボード G213

コスパ最強ととても人気を集めているのがロジクールのこちらのキーボード。

Amazon内のゲーミングキーボードカテゴリーでベストセラー1位を獲得するほど、ロングセラーとなっている静音ゲーミングキーボードです。

ハイレスポンスな高速通信速度を誇っている他、長時間の使用でも腕が疲れないパームレスト付きで約6,000円とコスパに優れています。

また、1680万色のLEDでレインボーに光るキーもとてもカッコ良いです!

PR

Razer Cynosa Chroma JP

プロゲーミングチーム『父の背中』推奨製品であるこちらのキーボード。

数多くのプロゲーマーが使っているだけに操作性や反応速度など性能もハイスペックです。

価格も1万円以下と比較的安く、スペックと使い心地を両方を追求したい方はおすすめです。

個別キーごとに光るLEDはゲームコンテンツと連動した発光も可能でRazerの商品らしくとてもキレイです!

SteelSeries 日本語配列 ゲーミング キーボード Apex Pro JP

少しお高いですが、最近とても人気を集めているこちらのキーボードもおすすめです。

全てのキーボードの中でもトップクラスの反応速度を誇るスチールシリーズが独自開発したOmniPointというスイッチを搭載

アクチュエーションポイントが0.4~3.6mmの間で調整可能(10段階)。
この0.4mmは業界の中でも最も短く、最速となります。

キー個別ごとに深さを変えられるので、頻繁に使用するキーだけ浅くして他は誤操作防止の為に違う深さにカスタマイズすることもできます。

静音性をあげるアイテム

現在使用しているキーボードがどうしても音が気になる方は静音化リングを使用してみても良いかもしれません。

メカニカルスイッチキーボードに対応しており、シリコーン性のゴムなので打鍵音を減少させます。

まとめ

静音性に優れたゲーミングキーボードをご紹介してきました。

夜ゲームをすることが多い人やマイクを使用する人などはぜひ参考にしてみてください。

PR
タイトルとURLをコピーしました