【ヒカキン スケジュール】HIKAKINがスケジュールを大公開!月間・1日の仕事内容をご紹介します!

HikakinGames(ヒカキン)
PR

ヒカキン(HIKAKIN)とは?

日本トップのYoutuberとして活動しているヒカキンさん。

ヒューマンビートボックスの動画をキッカケにYoutube活動をはじめ、今ではチャンネル登録者数が775万人を超えるほどに成長しています。

また、サブチャンネル「HikakinGames」では、青鬼やマインクラフトの実況動画を投稿しています。ハイテンションで人々を笑顔にさせるスタイルに定評があり、今ではこちらのチャンネル登録者数も400万人を超えるほどの大きなチャンネルへと成長。

そんなヒカキンさんが1日のスケジュールを公開するといった動画が投稿されました。

ヒカキンのスケジュールを公開

日本トップのYoutuberのスケジュールカレンダーを公開。

今までリクエストの声が多く、その要望に応える形となって今回の企画を決めたそうです。

「お前暇やないか!」と言われてしまうのでは…と心配しており、意外とスケジュールを公開するのは勇気がいると発言しているヒカキンさん。

そのスケジュールカレンダーを公開したところ、ほぼ毎日予定がびっしり!さらには、この予定は撮影や編集はいれてはないとのこと。打ち合わせやイベントのことなどの予定が詰まっており、その合間に動画を撮影・編集しているそうです。

PR

この動画が撮影されたのも12時過ぎ、打ち合わせが終わってから動画を撮影したようであり、ヒカキンさんの忙しさは予想をはるかに超えるものでした。予定が無く、1日動画撮影に没頭できる日が1日しかない月もあるほどでした!

動画撮影以外は何やっているの?

それでは、撮影以外の日は何やっているの?といった疑問を持つ視聴者のために、細かい1日のスケジュールも教えてくれました。

  • 朝7時頃まで編集
  • 12時 起床
  • 13時〜15時 案件・タイアップ動画の打ち合わせ(約6~7本の打ち合わせ)
  • 15時〜16時30分 グッズ関連の打ち合わせ
  • 16時30分〜17時30分 今夏発売商品の打ち合わせ
  • 17時30分〜18時 2019年末大型プロジェクト
  • 18時〜20時 夏休み施策監修
  • 20時〜21時 大型Game進捗
  • 21時〜22時 UUUM次年度デザイン監修

こんなにもスケジュールがびっしりと詰まっていました。さらに22時に帰ってきてから動画の撮影・編集をして朝までそこから寝るといったハードスケジュールでした。年末のプロジェクトの打ち合わせをもうすでに行なっていることに驚きですよね!

今夏発売の商品をプロデュースの打ち合わせをしていたらしいのですが、おそらく最近の動画で発表したベビースターラーメンのコラボプロデュースなのではないのかと予測します。

ヒカキンプロデュースのベビースターコラボについてはこちら

【ヒカキン ベビースターコラボ】HIKAKINプロデュースの限定商品が販売!豪華プレゼントや応募方法もご紹介!
「ベビースター」の発売60周年をおやつカンパニー全商品で盛り上げる”ベビフェス60″の一環として、ヒカキンさんプロデュースの2種類の商品が全国販売される。60周年を記念してヒカキンさんがプロデュースしたベビースターが販売されることに感激したと同時に、どのようなコラボ商品にするかかなり迷ったとヒカキンさんは語っています。

この日はほぼ事務所にUUUMとの打ち合わせが多く、さらにはUUUMの次年度のデザインの監修などにも携わっていました。最高顧問&ファウンダーとしての顔ものぞかせていました。

ヒカキンさんと事務所UUUMの関係についてはこちら

【ヒカキン 事務所】UUUMで何している?HikakinTVの役職や活動についてご紹介!
日本のトップyoutuberであり、youtube界のパイオニア的存在とも言われているヒカキンさん。現在のチャンネル登録者数は768万人を超えるほどの人気を誇っています。日々登録者数が増加し続けており、ヒカキンさんの名前だけでも聞いたことあるといった方は多いのではないのでしょうか。今回はそんなヒカキンさんが所属している事務所、そこでの活動について紹介します。

まとめ

ヒカキンさんのスケジュールをご紹介しました。

1日、一ヶ月びっしりと詰まったスケジュールにヒカキンさんは「幸せなことにこんなにもお仕事をさせてもらっています」と仕事が多いながらも感謝を述べて喜びを語っていました。

PR

また、「僕自身が細かい性格で、もっと話し合いたいといってしまうので、普通のYoutuberよりも打ち合わせ回数が多くなってしまう。だが、この性格は良いことだと思っており、これからも1つのことを妥協せずにこだわりを持って取り組みたい」と発言。

ヒカキンさんの一つ一つの動画・イベントに対する思いの強さがクオリティに高さに繋がっているのだと思いました。

PR
タイトルとURLをコピーしました