【ヒカキン 歌】HIKAKINが歌う動画をまとめました|テーマソング・雑草・今など

HikakinGames(ヒカキン)
PR

ヒカキン(HIKAKIN)とは?

Youtubeでトップといえるほどの人気を誇っているヒカキンさん。現在のチャンネル登録者数は775万人を超えており、日本で2番目にチャンネル登録者数が多いです。

商品紹介やネタ系の動画以外にも、ゲーム実況を行なっており、ヒカキンさんのサブチャンネル「HikakinGames」は437万人を超えています。青鬼やマリオなど、さまざまなジャンルのゲームをしているので、ぜひゲーム実況もご覧ください。

また、ヒカキンさんは動画活動をし始めた時はヒューマンビットボックスの動画を主に、投稿していました。その実力はテレビ番組「ハモネプ」への出演やアリアナグランデと共演するほどに上手いです。

ハモネプに出演した時のヒカキンさんの様子についてはこちら

そんなヒカキンさんはMステに出演するほどに歌も上手く、数々の歌の動画を投稿しており、中には9000万回再生を超えるほどの人気動画があります。今回はヒカキンさんが歌っている歌についてまとめてみたのでご覧ください。

ヒカキンの歌

YouTubeテーマソング/ヒカキン&セイキン

2015年8月に投稿されたこの動画は、現在で9000万回再生を超えています。

こちらは作詞作曲をヒカキンさんの兄であるセイキンさんが担当しており、Youtubeをテーマにした応援ソングです。この動画を投稿した時にセイキンさんは、「誰もが悩みや不安を抱えながら生きているけど、諦めず前に進んでほしい。きっと未来は開かれるはず。YouTubeには無限の可能性がある。まずは君もやってみよう。そして夢を掴もう。」とコメントしています。

視聴者や動画を投稿しているYoutuberなどに向けた歌詞を綴っており、Youtubeの素晴らしさを伝えてくれています。

PR

雑草 / ヒカキン&セイキン

ヒカキンさんとセイキンさんが歌う楽曲の第二弾として「雑草」が配信されました。約2年ぶりにとなる2人の作品に当時は喜んだファンも多かったのではないのでしょうか。

また、この「雑草」を作ろうを持ちかけたのはヒカキンさんであり、「僕らは雑草だから」といった思いを込めて曲を作ったそうです。

スーパーの店員をしていたころから動画投稿をし続け、今では日本でトップクラスのYoutuberへと成長しました。雑草のような粘り強さと努力をし続ければいつかは花が咲くといったメッセージが込められています。

思わず歌いたくなるようなキャッチーな歌詞も特徴的であり、とても馴染みやすい一曲になっているのではないのだろうか。カラオケにも配信されているので、ぜひみなさんもカラオケで歌ってみてください。

今 / ヒカキン & セイキン

2018年11月9日に、ヒカキンさんとセイキンさんが「」のMVが公開されました。

これまで同様、作詞作曲はセイキンさんが担当。現在と未来などの時間軸をテーマにした内容となっており、それに応じてMVも時間を意識した仕掛けがたくさん散りばめられています。

ヒカキンさんは「過去にとらわれず、先のことも考えすぎず、今この瞬間を大切に、全力で生きる人に明るい未来が待っていると考えています」とコメントをしており、”今”を生きる人全員に向けた楽曲となっています。

PR

今を一生懸命に生きたヒカキンさんだからこそ、これほどまでに有名になった現実があり、それを見ている視聴者に伝えたかったのだと思えました。

ヒカキンさんとセイキンさんのコラボ動画についてはこちら

Lemon & パプリカ &マリーゴールド & 前前前世を熱唱w【米津玄師】

こちらの動画では、あの有名なゲームである「マリオメーカー」のなかのステージを利用してLemonや前前前世など、数々の楽曲を歌っています。

ヒカキンさんの歌が聞けるうえにマリオメーカーのゲームも楽しめるので、とても面白いです。改めてヒカキンさんの歌の上手さが伝わってくる動画となっているので、おすすめです。

まとめ

ヒカキンさんが歌っている動画についてご紹介してきました。

やはり、歌がとても上手く改めてヒカキンさんのスキルの高さを実感しました。

ヒカキンさんのヒューマンビットボックス・ボイパについてもご紹介しているので、こちらのご覧ください。

PR
PR
タイトルとURLをコピーしました